スタッフ紹介

居宅部門 スタッフ自己紹介

◆田倉(所長、サービス提供責任者)

エターナルの田倉です。現在、居宅(ヘルパー)部門をまとめる所長として務めながらサービス提供責任者としても勤務しています。また、ヘルパーとして現場に出ることも多くあるため、多面的な視点で仕事に挑んでいます。

実は社会人の初めはIT系のエンジニアでした。昔の自分では想像さえもしていなかったですね。高齢者のデイサービスに転職後、働きながら資格取得も頑張りました。その後、障害の分野に興味がありエターナルと縁があって転職。初めはサービス提供責任者として頑張らせて頂き、今は所長として日々奮闘しています。

現場での仕事は常に誰かの為に役立てるため、とてもやりがいがありますね。

◆荻原(サービス提供責任者)

障害福祉の業界に関わるようになり、日々勉強をさせて頂いております。

周りのスタッフの方に力を借り、時には励まされ続けることが出来ています。お客様やお客様のご家族様にも温かい言葉を沢山いただいております。

これからも前向きに仕事を続けていき、経験を重ねていくことで、より良いサービスが行えるようみんなで協力しながら頑張っていきます。宜しくお願い致します。

◆岡野(サービス提供責任者)

サービス提供責任者の岡野房子です。

私は、当初、登録ヘルパーとして勤めていました。暫くして事務員としても業務をするようになり『事務の岡野さん』と認識されている方も多くいらっしゃると思います。

現在は、サービス提供責任者として勤務をしております。日々現場にも入りお客様にお会い出来る時間がとても楽しみです。お客様の現在の状況から将来を見据え、気持ちに寄り添う支援を心がけてまいりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

◆深澤(サービス提供責任者)

私は現在、エターナルでサービス提供責任者として勤務させて頂いているのですが、日々多くの人との出会いがあるのが楽しいです。

ご利用者様、ご家族様の直接支援はもちろん、人生経験豊富なヘルパーさんとの関わりも勉強になります。

直接お会いする事で、リアルな声や課題を知ることが出来ますし、その課題に対して「これをやりたい」と思った時にすぐに地域に出ていける距離感で、福祉の活動が出来ることにやりがいを感じています。

地域で孤立して、必要な支援を受けられていない方がまだ多くいらっしゃいます。

「エターナル」と繋がる事で、障がいのある方、一人ひとりにとってのライフイベントの充実が図れるよう、日々学んで行こうと思います。

グループホーム部門 スタッフ自己紹介

◆平川(副センター長兼ホーム長)

利用者様が安心して生活できる環境を

私の仕事は、グループホームの管理、利用者様の日常生活を支援することです。

生活の動作全てを支援するのではなく、利用者様の残存能力を生かした支援を行っています。

身体的なケアを主に行っていますが、精神的な支えとしての役割もあり、利用者様が生活をしていくうえでの不安や悩みなどを受け止めケアをして行きます。

まだまだ未熟な所はありますが、「この人なら」と思っていただける介護を目指していきます。

◆竹内(副センター長兼ホーム長)

私はこのエターナルという会社に勤めて7年ほど経ちました。

現在、7つのグループホームで33名の利用者様へサービスを提供しています。

その中で利用者様の相談事やホームごとの問題などの解決に日々励んでいます。

1人1人違った思いを持たれていて、時には衝突することもありますがその思いを尊重し、大切にしながら支援していきたいと思います。

これからも利用者様と向き合いエターナルに入ってよかったと思っていただけるよう精一杯取り組んでいきたいと思います。

◆石川(ホーム長)

グループホームに暮らすお客様の、“自分らしさ”をサポートします。

令和2年4月に入社致しました。体力には自信があります(95㎏です)

お客様一人ひとりが、個々の生活スタイルや自分らしさを存分に出して生活して頂けるように支致します。そのために、お客様の声に耳を傾け、じっくりお話しを聴くことを心がけています。

お客様の笑顔や、ご家族様から感謝の言葉をいただけたとき、この仕事をしていて良かったと心から思う事ができます。

〝信頼″していただくことは容易いことではありません。日々の支援を謙虚に行っていきたいと思います。

まずは美味しいお食事を作ることを大切にします!!

◆佐々木(ホーム長)

エターナル鶴ヶ峰のグラースとビエント2棟のホーム長として、各お客様の支援や食事の発注や金銭等管理の事務作業、勤務している世話人の指導などを行っています。

また、お客様が普段利用している福祉サービス事業所と連携し、お客様がより良い人生を送れることと目標や願いなどを実現出来るよう日々サポートをしています。

常にお客様の気持ちや希望を考え、一緒に働く世話人と協力しながら、生活を支えて参りたいと思います。

◆波田野(社員)

「ご利用者様の個性を最大限に発揮していただく」

これは仕事を行うにあたって常に意識するようにしていることです。

ご利用者様ごとに性格、生活スタイル、望む物などがちがうため、なかなかうまくいかない時もありますが、ご利用者様やそのご家族から「ありがとう」の言葉や笑顔をいただけると、とても仕事の励みになりますし、嬉しく感じます。

日々、学習の毎日ですが、これからもご利用者様の個性を尊重した支援を行っていけるよう頑張ります。

◆近藤(社員)

障害と関わり約21年

自閉症の子を持つ母です。

息子と関わり大変な日々を過ごす中で学ばせてもらう事が沢山有りました。

又、ご縁があり、グループホームの皆さんとこんなにも楽しく過ごさせて頂く中、自分の能力を向上させて貰える機会があり、毎日充実して
働かせて頂いております。